フリーランスの女性SEなら家事と仕事も両立できる

女性こそSEに向いている!

仕事と家事の両立が出来るフリーランス

仕事と家事の両立が出来るフリーランス

結婚後にフリーランスの女性SEとして働く

共働きが基本の世の中になり、家事や育児を夫婦で分担することが当たり前になったとはいえ、結婚して大きく生活が変化してしまうのは女性のほうかもしれません。SEとして企業で働いていたものの、結婚を機に家庭に入って仕事のバランスを取りたいと考える女性もいることでしょう。そこでおすすめなのが、フリーランスのSEになることです。フリーランスになれば、家事や育児を両立しながら無理なくSEの仕事を続けられます。毎日通勤できない状況でも自宅での仕事は続けられるので、せっかく積み上げてきたSEとしてのキャリアを中断する必要もありません。

既婚女性とフリーランスは相性がいい

結婚すると家事は全て2人分になります。昔のように女性が専業主婦として家事育児のほぼ全てを負担するようなことは少なくなったものの、女性が抱える負担のほうが多いのが実態ではないでしょうか。家事の負担が一気に増えた状態で独身時代と同等に働き続けるのはとても大変なことで、これに出産と育児が加わるなら負担はさらに重くなります。そんな既婚女性にとって、何かと自由がきくフリーランスとしての仕事は生活とのバランスが取れる最高の働き方です。SEとしての経験とスキルを生かせば、自宅にいながら高収入を得ることも可能になります。「専業主婦にはなりたくないけどフルタイムでは働きたくない、でもやりがいのある仕事もしたい!」という女性は、ぜひフリーランスを検討してみましょう。社会と適度に関わりを持ちつつ専業主婦さながらの生活も手に入れられるのは、フリーランスだからこそできることです。

産休・育休後の復帰がスムーズ

夫婦が平等に家事を分担して生活していたとしても、出産だけは女性の仕事です。出産間際まで働く女性は多いものの、出産前後はどうしても休職しなければなりません。職場によっては産休・育休が事実上ないも同然で、休んでも戻る場所が用意されておらず退職を余儀なくされるケースもあります。産休・育休のことがネックになって子供が産めない女性もいるほど深刻な問題ですが、結婚後にフリーランスとしての基礎を作っておけば、完全な育児休暇を取ることなくマイペースに仕事を続けることができます。
育児休暇が長すぎてしまうと、社会復帰に大きなエネルギーを使います。経験もスキルも古くなってしまうので、新しいことを学ぶ時間も必要です。しかし、結婚後にフリーランスとして働いていた人はキャリアにブランクがなく、会社員に戻るのも楽です。フリーランスとして働いている間に実績を積み上げておけば、復帰と同時にキャリアアップも夢ではありません。

カテゴリ一覧

記事一覧