SEに必要な能力を女性の方がもっているという事実

女性こそSEに向いている!

女性はSEに向いているという事実

女性はSEに向いているという事実

女性がSEに向いている理由

現在のSEにとってなくてはならないのがコミュニケーション能力です。どんなにITの専門スキルが高くても、コミュニケーション能力がないSEは圧倒的に不利です。システム開発の第一歩は、顧客からのヒアリングです。顧客が持っている漠然としたイメージを頭の中に投影するためには、的確にヒアリングを進めていかなければなりません。家を建てるためにハウスメーカーに相談するところを想像してみましょう。設計に関する知識は一切ありませんが、どんな家を建てたいかのイメージはだいたいできています。広いリビングやこだわりのシステムキッチン、壁紙の色や素材など、家の各部分でこだわりたいポイントがいくつかあります。しかし、何をどう設計すればいいのかはわかりません。ここで設計担当者が巧みに質問をしながら細かい要望を聞き取り、イメージ通りのデザインや間取りを大まかに書いてくれたとしたらどう感じるでしょうか。自分の要望を相手が正しく把握してくれていると感じるのではないでしょうか。お互い同じイメージを共有するためには、密度の高いコミュニケーションが必要なのです。顧客から具体的な要望を引き出すためには、聞き手がうまく質問する必要もあるでしょう。質問が的確だと、相手も答えやすくなります。
IT技術の進歩によってできることが増えている今の時代、SEにはより高度なコミュニケーション能力が求められています。男性よりも女性のほうが高いコミュニケーション能力を持っているという事実からも、コミュニケーション能力が必須のSEは女性に向いている職業であることがわかります。

SEに向いている女性の特徴

繊細な作業が得意な女性はSEに向いています。設計が終わってから実際にプログラミングを行うのはPGの仕事ですが、プログラミングのための詳細設計を行うのはSEのほうです。女性の持つ豊かな感受性は顧客との会話に生かされます。会話における女性の繊細さは、男性にはかなわないものがあります。相手の要望をちょっとしたニュアンスや表情から的確にキャッチし、豊かな想像力で相手のイメージをイメージ通りかそれ以上のものにします。
理論的思考が得意で物事を効率的に考えられる女性もSEに向いています。育児や家事をテキパキとこなす女性は、仕事を効率化するためのアイデアが豊富です。SEは常に勉強していなければならない職業なので、好奇心旺盛でチャレンジ好きな女性にもおすすめです。経験者や高い専門知識を持っている人は採用時に有利ですが、未経験でも好奇心旺盛な努力家なら将来性が買われることもあります。SEは男性の仕事と思われがちなのは、男性が続けやすい仕事だからであって、女性には向かないという意味ではないのです。

カテゴリ一覧

記事一覧