女性SEが増加している背景と課題

女性こそSEに向いている!

増加する女性SE

増加する女性SE

女性SEが増加している

男性が多かったSEの世界に女性が進出しはじめています。割合としては現在も男性が圧倒的に多い状況ですが、今後はもっと女性SEが増えると予想されています。男女比が均等になることはないとしても、1割強から3割強ぐらいに推移することは十分にあり得るでしょう。

女性SEが増えている理由

女性SEが増えている背景には、深刻なSE不足があります。働き手の絶対数が減少の一途をたどっている中、ITの急発展によって需要と供給のバランスを大きく崩しているのがIT業界です。多くの業界で女性が活躍している流れを受けて、IT業界も女性を多く取り込みたいと考えています。女性の働き方が変化し、男女共働きの概念が当たり前になってきたことも、女性SEの活躍を後押ししています。しかし、女性のSEにとって働きやすい環境が整備されているかというと、必ずしもそうではありません。

女性SEは離職率が高い

女性SEが最近まで増えなかったのは、女性SEの離職率が高かったからです。無事SEデビューを果たしても結婚や出産を機に仕事から離れてしまい、そのままフェードアウトというケースも珍しくありませんでした。女性が働きやすくなるよう環境整備を急ぐ企業もありますが、育児に関係する各種制度の整備が追いついていない事情もあって、なかなか思うように状況が改善されていません。SEは経験の積み重ねがキャリアアップに直結する職業なので、出産や育児でできる空白がキャリアの妨げになってしまいます。
一般的なキャリアアップのタイミングが、女性の結婚や出産時期と重なってしまうというのも、女性SEが増えない理由のひとつです。せっかく育てた人材がちょうどいいタイミングで現場を離脱してしまうのは、育成に投資してきた企業にとっては損失でもあります。

女性SEが増えればIT業界が変わる

多くの女性は結婚や出産を経ても働き続けたいと考えています。それが思うようにならないのは、女性が働き続けられる環境が整っていないからです。SEの場合は業務によってリモートワークが可能なので、柔軟な働き方が可能です。働き方の選択肢が増えれば、働き続けられる女性SEも増えるでしょう。女性SEがIT業界で活躍することができれば、男性SEばかりの時代には出てこなかったような新しい発想が出てくるかもしれません。
女性は男性よりも気配りが細やかでコミュニケーション能力も高いと言われているので、高いコミュニケーション能力が問われる仕事との相性は抜群です。そう考えると、SEはむしろ女性に向いている仕事とも言えるのではないでしょうか。人材不足に悩む今後のIT業界を救うのは、女性SEの皆さんかもしれません。

カテゴリ一覧

記事一覧