まずは基本から「SEの仕事内容」

女性こそSEに向いている!

SEの主な仕事内容

SEの主な仕事内容

SEの仕事内容とは

SEはかつては男性に多かった仕事ですが、現在は女性SEも増加しています。システム開発におけるSEの仕事は、要件定義から始まり基本設計、詳細設計までを担当します。プログラムが完成したら、テストを経て運用、保守を行います。ある程度の経験があるSEは、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとしての業務を担当することが増えます。

要件定義

システム開発は、顧客へのヒアリングからスタートします。顧客が作りたいと考えているシステムを希望通りの形にできるかどうかは、SEのヒアリング力にかかっています。システム開発についての専門知識を持たない顧客は、漠然とした希望はあってもそれをどのように表現すればいいのかがわかりません。SEは、希望を言葉にできない顧客の意図を汲み取りながら、顧客の目的をシステムでどう解決できるか提案してくことになります。システム開発が成功するかどうかは、要件定義の段階で決まると言っても過言ではありません。ここで顧客の意図を間違って受け取ってしまうと、その後どんなに頑張っても顧客が満足する成果を提示することはできません。

基本設計・詳細設計

要件定義が完了すると、次は基本設計です。基本設計では、システム開発に必要な要素の洗い出しを行います。データベースの設計や外部システムとの連携、画面のデザインなどについての詳細がこの段階で確定します。基本設計が完了すると、詳細設計で開発方法が決定されます。担当のPGは、ここで作成された詳細設計をもとにプログラミングを行います。プログラミングの段階になると、テスト工程までは一度SEの手を離れることになります。

テストから運用・保守

システム開発は、各機能ごとにタスクを分けて作業が進められます。完成した各機能を統合する前に、機能ごとのテストがあります。テストを実行するのは、プログラムを組んだPGや設計を行ったSEです。ここで不具合が見つかれば、PGに差し戻されて修正が行われます。ひとつの大きなシステムは小さな部品の組み合わせなので、部品単体でのテストはもちろん、部品同士のやりとりが正常に動作するかも入念にチェックされます。それぞれに問題がなければ、全てを統合したシステムのテストをSEが担当します。大きなチームであればテスト専門の担当者を置いている場合もありますが、最終的にはプロジェクトの全容を理解しているSEがチェックを行います。
システムが完成すると、今度はそのシステムの運用・保守の段階へと移ります。運用中のシステムに何らかのトラブルがあればSEが対応にあたり、必要であればPGへ修正依頼を行います。多少の修正であれば、SEがそのまま修正対応する場合もあります。保守専門の担当者がいる場合もありますが、基本的には開発に携わったSEがその後も保守にかかわっていきます。

カテゴリ一覧

記事一覧