SEが女性におすすめな理由「女性は就職が有利」

女性こそSEに向いている!

就職試験で有利

就職試験で有利

SEの就職は女性が有利

IT業界で働くSEは男性がほとんどで女性は2割にも満たない数と言われていますが、女性が徐々にその数を伸ばしているといった状況です。女性はIT業界への就職が不利なのかというとそうではなく、女性SEは男性SEよりむしろ有利だとも言われています。男女平等の概念が社会にすっかり定着したとはいえ、性別による就職の有利不利は確実に存在しています。では、女性SEの就職が有利になる理由は何なのでしょうか。

女性特有の高いコミュニケーション能力

SEに限ったことではありませんが、就職においてコミュニケーション能力は重要なチェックポイントです。同僚や上司、顧客との良好なコミュニケーションは、業務を円滑に進めるためには不可欠です。SEはITまわりのことさえしっかりできればコミュニケーション能力など必要なさそうに見えますが、システム開発の現場において誰よりも高いコミュニケーション能力を必要とする職業です。コミュニケーション能力の有無は個人差があるものの、男性と女性で比べると女性のほうが高い能力を持っているイメージがあります。SE志望の男性はコミュニケーションをあまり得意としない傾向が少なからずあるので、女性SEの持つ高いコミュニケーション能力は企業にとって非常に魅力的です。

女性のほうが言語能力が高い

口では女性にかなわないという世の男性は少なくありません。女性は感情を含め思ったことを言葉に出すことがとても得意ですが、男性はその点でやや控えめになりがちです。男性と女性では脳の構造が異なっているので、同じ状況でも反応が異なるのは当然のことです。そもそも、プログラミング言語は人間の意志をコンピューターに伝えるための「言語」です。女性のほうが語学力が高いという傾向から考えても、プログラミングが実は女性向きであることがわかるのではないでしょうか。
顧客から要望を聞いたりシステムについての説明をしたりと、SEの仕事の多くは人とのコミュニケーションです。この点でも、女性の高い言語能力が大いに役立ちます。言葉がスラスラと出てくる人は説得力ある話や簡潔な話が得意なので、必要なことを簡潔かつ正確に説明するなら女性のほうが向いているかもしれないのです。「自分の頭の中では全部わかっている」のと「頭の中にあることを言葉に出せる」のは全くの別物です。言わなくても相手は理解していると誤解しがちなのは男性によくあることなので、伝えることが苦手な男性SEがいるのもうなずけます。一方、何としても伝えたいという熱意がある女性は基本的な言語能力が高いので、コミュニケーション能力が求められる現場に強いのです。

カテゴリ一覧

記事一覧