SEが女性におすすめな理由「女性ならではのメリット」

女性こそSEに向いている!

女性としてのメリット多数

女性としてのメリット多数

SEは技術力さえあれば性別は関係なし

女性SEは現場ではまだまだ珍しい存在で、男性SEよりも不利な部分があることは確かです。しかし、SEは技術職なので、技術力さえしっかりしていれば性別に関係なく上から評価されます。女性にSEをおすすめする理由のひとつは、技術力さえあれば男女が平等に働くことができる環境があるというところにもあるのです。この他にも、女性SEだからこそ得られるメリットがいくつかあります。

転職へのハードルが他の業界より低い

IT業界は人の出入りが激しい業界としても有名です。転職と聞くとネガティブな印象を持つかもしれませんが、IT業界の転職はキャリアアップ目的であることも少なくありません。業界全般に人手が足りていないので、転職回数が多い人でも他の業界ほど問題になりません。女性はライフステージの変化によって離職することも多いからか、男性に比べて離職率が高い傾向にあります。転職しやすいIT業界は、転職回数が多い女性にとっては居心地のいい場所なのです。

年の離れた社員が少ない

歴史のある企業ともなると、職場のリーダー的存在になっている年配社員が1人や2人はいたりするものです。それら年配社員が率先して職場の雰囲気を良くしてくれていればいいのですが、独裁者のごとく職場を支配してしまうケースが多いのも事実。マイルールで周囲の人を縛りつけ、自分にとって居心地のいい職場を作り上げてしまっています。若い女性社員はターゲットになりやすく、本来ならやる必要のない雑用や残業を押し付けられてしまうこともあります。上司に訴えたくても上司と年配社員がしっかり結託しているので、新人が口を挟む余地は一切ありません。この点、男性社会のIT業界は女性が多い職場にありがちな独特の雰囲気が生まれにくく、女性SEが仕事に集中しやすい労働環境だといえます。IT業界は理論的な思考力を持った人も多いので、業務上最もムダなことであるハラスメントも起こりにくいのが特徴です。

ライフステージの変化にも柔軟に対応

女性の職場選びに重要なのは、育児との両立がしやすいかどうかというところです。IT業界は人手不足なので、産休・育休から復帰したときに居場所がないということがまずありません。近年はリモートワークを取り入れる企業も増えているので、フルタイムで出勤できない女性でも自分の能力をフルに生かせます。結婚などを機に一度退職した人でも、状況が許せば復帰できるよう道を残してくれることが少なくありません。女性が多い職場だといらぬ気を使わなければならないこともありますが、女性SEならそんな心配もなく仕事に集中できます。

カテゴリ一覧

記事一覧