SEが女性におすすめな理由「人間関係がラク」

女性こそSEに向いている!

男性が多い職場は人間関係が楽

男性が多い職場は人間関係が楽

男性ばかりの職場はかなり気が楽

SEを女性におすすめする理由のひとつは、職場にいる女性社員が圧倒的に少ないという点にあります。女性が男性よりも多い職場の人間関係はかなりの高確率でドロドロしており、業務が手に付かなくなってしまうこともあるほどです。IT業界は女性を歓迎していますが、女性SEの増加スピードは緩やかなのでほとんどが男性社員です。「男性ばかりだと心細いのでは」という心配があるかもしれませんが、働き出せばその心配はすぐに消え去ってしまうでしょう。では、どうして男性ばかりの職場は女性にとって楽なのでしょうか。いくつかある理由について見ていくことにしましょう。

女性はいい意味で目立つ存在

男性社員が多い職場だと、女性社員はいるだけで目立ちます。常に目立つ存在は、何か成果をあげるといい意味でさらに目立ちます。全く同じ成果をあげている男性社員がいたとすれば、女性社員のほうが高く評価される可能性すらあります。男性からすると少々アンフェアな感じがしますが、IT業界では少数派である女性の特権ということで甘んじて受けてしまいましょう。いい意味で目立つということは、悪い意味でも目立つということです。普段からいい加減な仕事ぶりを見せていると、同じようにいい加減な仕事をしている男性社員よりも目立ってしまうので注意が必要です。頑張れば頑張っただけ評価されやすい環境は、女性SEだからこそのメリットです。自然と目立つ立場を有効利用して、出世を目標に頑張ってみるのもいいでしょう。

みんなから大切にしてもらえる

男性中心の職場にいる女性SEは貴重な存在なので、会社から大切にしてもらえます。上司や同僚が女性社員の扱いに慣れていないなら、他の男性社員に対する対応より丁寧に対応してくれるかもしれません。ひとたびハラスメントが起きれば大変なことになるので、人との距離をちょうどいい距離感に保つことができます。

女性社員とも付き合いやすいことが多い

男性社会にすっかり慣れきっている女性社員は、いい意味でドライです。ベタベタした友達関係を押し付けてくることもなく、程よい距離感で接することを仕事で身につけています。女性SEは感情よりも理論派の理系タイプで、いわゆる「女子が好きなキラキラしたもの」への興味が薄い人が多いようです。見栄をはるために他の女性と競争しないので、一緒にいてもあまり疲れません。男性の目をを意識して派手にしているかと思えば意外とそうでもなく、女性同士の変なマウンティング合戦もないので気が楽です。女性の敵は女性とよく言いますが、男性がほとんどの職場にいる女性社員はむしろ心強い存在になるでしょう。

カテゴリ一覧

記事一覧